Google+ Followers

2012年6月30日土曜日

ツールド美ヶ原

6月30日土曜日
ウー眠い。4時30分起き。もっと寝たいな。
そーわいかんよ。
2週続けて長野松本。




今日はツールド美ヶ原。アートスポーツさんの出店のお手伝い。
天気はいいよ!




ロードバイクの世界でも少しづつ知ってもらえてる気がしてきた。
気のせい?




一回は出たいな、ロードバイクのレース。
自転車あるしな。




なかなか売れたんじゃないっすか、松井さん!
今日は近藤先輩も一緒だった。
次は、富士登山競争っすね。
また熱そうでんな!



-- iPhoneから送信

2012年6月29日金曜日

久しぶりな営業

6月29日金曜日
久しぶりの営業。回るたびに営業が基本だと感じる。
湘南新宿ラインで逗子から池袋まで一本。乗り換えがないとなぜかテンションがあがる。




一軒目はオシュマンズ池袋店。




いろんな絡みがあり、いままで取引がなかったここも、ようやくスタート。




ムラサキスポーツ池袋店。
ふらっと寄ったお店に川場の影浦くんがいる。会えてよかった。




そこから新宿。
オシュマンズ新宿店。なんと9日間も休みをとったコマちゃん。
社会復帰できるか?




下のフロアの山口くんはトレラン出場検討中。
講習会やろや!




オシュマンズ原宿店。
おっとー、ヨッシー!久しぶりやん。引っ越したらしいやん!




上のフロアは売り切れ寸前。山ちゃん頼むよ!




時間ギリギリでアートスポーツ本店。今日も試飲会やでぇ。




伊藤師匠とご一緒。
反省会付き。伊藤師匠、熱いねぇ!




明日はアート松井さんと長野。
これまた、熱そうやねぇ…。
-- iPhoneから送信

2012年6月28日木曜日

会食

6月28日木曜日
突然病院から呼ばれて、薬の処方ができないから別な病院に行ってくれと言われて父親を横須賀まで連れて行く。
関西の病院の先生とこちらの病因では明らかに対応が違う。横柄というか、上からというか。
病院は大っ嫌いだ。


どーしても大事な打ち合わせがあり、時間切れで看護婦さんに父親を任せて自分は品川に向かう。品川プリンスで会食。うーん、かっこえーやん!
がしかし写真は高輪ホテル。この向かい側が品川プリンス。間違えてこっちに駐車してもうた。アーッもたいない!
いまzenは柔道家の吉田選手やヤクルトの増淵選手、Jリーガーの李選手などかなり著名なアスリートにテストしてもらってる。
それは今日会うトクさんのお陰。フルマークスのワカさんの紹介。俺は今日初めて会う。
このトクさんこそが、一番zenを体感してくれている。
だからこうして真剣にいい選手を紹介してくれている。トクさんは赤坂や田町などで焼肉店のしょうろ苑http://www.shouroen.com/ を経営する。
トクさん、ワカさん、ありがとう。
しかし会食と言ってもひとり980円でゆったりコーヒー付きでプリンスホテルで会食。
めっちゃお得やん!



せっかく品川まで来て、このまま帰るのもったいない。
クリックサーフhttp://ameblo.jp/click-surf/ にちょっと立ち寄る。



前から気になってたクルマの網戸を購入。以前は網をホームセンターで購入し、窓の形に切って、周りをガムテープでほつれないように加工して、さらに使用する時はヨウジョウテープでクルマに貼付けて使用する。あー説明するのもめんどくさい。
そんな悩みを解消してくれるのが、コレ!


-- iPhoneから送信

2012年6月27日水曜日

集中したか?

6月27日水曜日
おーいい天気!
頑張って行こうね。




と思うと、なんだかんだで仕事以外の用事で電話。
おい、どーしてくれんだ。
今日も営業行けなかった。
明日は頑張ろう、って昨日も言ってた。




あれ、ホイールキャップ外したら、なんかヤンキー仕様じゃない?
車検なし3万円、3万キロ。
あと10年は乗るべ。


-- iPhoneから送信

あ、忘れてた

6月26日火曜日
昨日は終日私用でごたごたしていたので、本日は気合いを入れて仕事するか!
で、一本の電話。
「田村さん、ウチの注文忘れてない?」
わっ、忘れてた。

慌ててクルマで納品。
途中仕事の電話がかかり...。
あーあ、また捕まっちゃった。
これで携帯は通算4回目。懲りないねえ。


目的地は国内通商石川倉庫。
完璧に忘れてましたわ!


ついでと言っちゃあ何ですが、長らくお世話になっている片瀬江ノ島のミスティさんに訪問。行こう行こうと思っていてようやく実現。いつも感謝です!



そんな適当な仕事しかせず今日も過ぎて行く。
明日は集中しようぜ・・・。


-- iPhoneから送信

2012年6月25日月曜日

レース翌日

6月24日日曜日
レース翌日。天気良好。
あー飲み過ぎた。でもこのスケジュールいいねえ。
普通は日曜のレース多いから、そのまま帰る感じだけど、ゆっくり帰れる。
じゃ、ビーチクリーン、じゃなくてマウンテンクリーンしてから帰ろか・・・。




-- iPhoneから送信

第1回モントレイル戸隠マウンテントレイルレース

6月23日土曜日
今日明日で長野県戸隠へ。
昨日までの雨は嘘のよう。




ネイチャーシーンの大塚さんが主催する第1回モントレイル戸隠マウンテントレイル瓦解際される。zenとショッツを販売。




日体の後輩、谷川君も隣りのブースでボディメインテナンスをこなす。
チーム日体頑張ろう!




キッズクラスもあり。
来年は息子も出させるか。




正面のブースにはモントレイルの新木さんやベスパ斎藤さん、ニューハレ芥ちゃんなど業界勢揃い。




準備オッケー!
そう、自分もレース出ちゃった。
前日、悩みの腸脛靭帯の痛みを根本から解消する「ゴッドハンド夫婦」のマッサージを受けて絶好調!




腸脛靭帯の痛みは全く感じず、完全に調子に乗り前半かなりのハイペースで飛ばしたオレだったが、10km過ぎた当たりで右モモが「ピクっ」、左ふくらはぎが「ピクっ」と、今まで足はつったことなかったのにこの感触。
「ちょっと待て、これここで足つったら絶対完走無理じゃん」ってことに気づき、完走は絶対のオレはそこからまんまと残り2km地点まで歩くことに。
ま、もともとトレランは走ることが苦手なオレが少しでもこのジャンルを知るために歩いて参加したことから始めたもの。初心忘れるべからず。そこから何人の人にも抜かれたが、それを思い出せばそこからは焦ることがなかった。
結局3時間58分でゴール。でもそれでも出場選手480名中半分以上だった。次は行けるか?だめだめ、それが。




レース後の表彰式のあとほとんどの人が宿泊して大パーティ。
大いに盛り上がった。




なんと芦屋のスカイハイ北野君も来ていた。
偶然の再会に感激。




さらにこのオンナ子たちのグループはヤマケンやワキさんとも親しく、彼らからzenをすすめられて愛用してくれているらしい。名前を知ってもらえるだけでもうれしいのに、気に入ってもらえてるなんてホント感動っす。



大塚さん、プロデューサーの山田琢哉君、そしてスタッフのみんなお疲れさん。ほんといーレースだった。また来年も来たい。ありがとう。

http://www.nature-scene.net/tmt/

2012年6月24日日曜日

来たね

6月22日金曜日
朝から忙しいね、たまった仕事で。
今日は集中。
ところが昼過ぎると「あれー、風やんでるなあ」。
朝の忙しさと波情報のオンショアの予報に海すら見なかったが、「ひょっとしたら・・・」と思い出かけると。






またジゲの奥さんの写真拝借。最近また写真うまくなってんじゃないか?


上の写真はカメラマンの芝田さん。





とにかく大満足。


おいおい、明日の準備やってねーよ。
その前にモモの調子があまりよくない。そーいえば、大介がマッサージのすごい夫婦がいるって言ってたな。
と、何げに連絡してその晩見てもらうことに。
「すごかった」のひと言。
夫婦で代わる代わる、ときには足と手を同時に。でも理論がしっかりしているのとオレの感じていることとすごく近い考えだったのでホントに感動した。
カラダ、絶好調!



2012年6月23日土曜日

試飲会

6月21日木曜日
期待した波は全くなし。
ならば仕事と思ったら、バカみたいに溜まってる作業に気づく。
イケテナイ。



その後何をやっても上手く行かない。雨まで降ってきやがった。
やっとの思いで次のアポに間に合うように駅に着いたら、不具合につき、運転見合わせ。ほんまかいな…。




みちあきさんを一時間近く大船に待たせてようやく打ち合わせ。もちろん次もケツかっちん。
はい、これも乗り遅れ…。



5時のアートスポーツ本店での試飲会。なんとか5分遅れ。
ショッツ伊藤さんと一緒に。
先日、ネイチャーシーンの大塚さんの講習会で会った岡崎さんとバッタリ。
週末の戸隠で行われるモントレイルトレイルランニングのレースに出場するらしい。
週末、お会いしましょう!


-- iPhoneから送信

2012年6月21日木曜日

湘南の波とは…

6月20日水曜日
まあそんなこったろーとは思ったけど、こんな一気に下がるとは…。



心なしかパームツリーの葉もだいぶ散ったような…。



湘南倉庫のレイアウト変更で死んじゃいそう。



早く、落ち着きたいな…。


-- iPhoneから送信

2012年6月20日水曜日

送別

6月19日火曜日
昨日から西宮へ。
朝から携帯忘れたりダメダメ。


父親が病状悪化のため、長年暮らしたこの地を去る。
自分も幼い頃、四年ほどここにいた。父はこのマンションを新築で購入して40年になる。
近所の方がお別れにきてくれた。


新幹線で逗子へ引っ越し。
病院も、自宅も、すべて移動しなければ。
6月は、そんな忙しさ。


-- iPhoneから送信